一般歯科|館林アゼリアモールのハート歯科まで

一般的なむし歯の治療を行います。
お口の中のむし歯菌が出す酸によって、歯が変質してしまったものがむし歯です。治療では、この変質してしまった部分をきれいに取り除き、その空いた部分を詰め物やかぶせ物で補います。治療後は、お口の中のむし歯菌を減らすことによって、再発を予防します。

むし歯の進行状況

むし歯の進行状況画像
CO 歯の透明感が失われて真っ白になっている状態です。まだむし歯にはなっていませんが、この段階で歯の異常に早く気づき、歯磨きやキシリトールでむし歯予防に取り組むことが大切です。
C1 ごく初期のむし歯です。エナメル質に小さな穴が開いている状態で、象牙質には達していないため、痛みは感じません。
C2 むし歯が象牙質に達している状態です。冷たい飲み物や食べ物で、歯がしみたり痛みを感じたりします。
C3 むし歯が歯の内部にある神経(歯髄)にまで達している状態です。この状態になると、強い痛みを感じます。
C4 歯の根っこより上が崩壊し、無くなってしまっている状態です。神経も死んでしまっているため、痛みを感じません。

むし歯の治療方法

むし歯の治療の方法には、様々な選択肢があります。ここではメインとなる治療方法を説明します。

コンポジットレジン充填

ごく小さなむし歯の場合は、削った部分にレジンと呼ばれる樹脂を直接流し込みます。

● メリット
・歯の色に近い素材のため、見た目の違和感が少ない。
・保険適用のため、費用を抑えられる。
● デメリット
・数年単位で着色してしまう。
・耐久力がなく、強い力がかかると破損してしまう。

つめ物(インレー)

比較的小さなむし歯の場合は、削った部分をつめ物で補います。
なるべく健康な歯の部分は残しておきながら、むし歯となってしまった部分をしっかりと削り、つめ物を製作します。

● つめ物に用いる材質
・金属…銀やパラジウムの合金。保険適用。
・セラミック…天然歯に近い材質。保険適用外。

かぶせ物(クラウン)

むし歯が進行し、歯の大部分を削り取ってしまった場合には、被せ物で補います。
保険適用で治療を行う場合でも、前歯には白いレジンを貼り付けた見た目を考慮したものを作れます。この治療時には、むし歯が神経(歯髄)まで達している場合が多く、その時は併せて神経の処置も行います。

● かぶせ物に用いる材質
・金属…銀やパラジウムの合金。保険適用。
・セラミック…天然歯に近い材質。保険適用外。

可能な限り痛みを抑えた治療

歯科医院で治療を受けるときに、痛みに対して不安を抱く方は多くいます。
当院では治療時の痛みを可能な限り抑えるために、いくつかの取り組みをしています。

● 痛みを抑えるための取り組み
・極細の注射針を使用して、針を刺す痛みを緩和
・麻酔箇所に表面麻酔を塗布し、針を刺す痛みを緩和
・痛みに対する恐怖が強い方には、電動麻酔器により麻酔の注入量を最適にコントール